湘南リラックスブログ

2017年7月19日 水曜日

ストレッチ

  
湘南リラックスの石原です。


全国各地で大雨が降ったり
お天気も安定しない日々が続いていますが
体調はいかがですか?

暑さや気候の変化にも負けない体作りを
していきましょう(^^)!




今日は、『ストレッチ』について
お話します。


私たちも、治療の一部にストレッチを取り入れたり
患者様にもおうちでやってもらうよう
指導をさせて頂いたり、、、
ストレッチにはお世話になっております!!

さて、ストレッチを行うと体に
どんな効果が現れるのか
詳しく見ていきましょう★

効果その1
〇カラダが柔らかくなる
何といっても一番の効果はこれです。
固まった筋肉がほぐれ、柔らかくなります。
さらに、カラダが柔らかくなることで多くの良いコトがあります。


◎肩こりや腰痛になりにくい
肩こりや腰痛は、特定の筋肉が固いことや、
筋肉の固さのアンバランスによる姿勢不良が原因になることが多いです。
普段からストレッチをしてカラダを柔らかくしておくと、
これらのトラブルを防ぐことができます。
また、血行不良や体温低下も肩こり腰痛に結びつきやすいので、
ストレッチをすることで血液の循環が促進され、予防することができます。

◎ケガをしにくい
スポーツ中や、道で転んだ時などに、カラダが固いとケガをしてしまうことが多いです。
ストレッチを行うと、ケガをしにくいカラダを手に入れることができます。

◎運動の効果が上がる
同じ運動をしていても、カラダが柔らかい方がエネルギーの消費や
トレーニング効果が大きいです。
カラダが柔らかいと、関節の動く範囲が広くなり、
全身を大きく動かせるためです。


効果その2
〇リラックス効果がある
脳波や自律神経活動を調べてみると、ストレッチ後は前頭葉でアルファ(α)波を増加させ、
心拍変動を増加させ心拍数を低下させ、副交感神経活動が働くことが明らかとなっています。
副交感神経が働くと、カラダはリラックス状態になります。


◎睡眠の質がよくなる
副交感神経が働くと、カラダは休む状態になります。
睡眠の質を上げ、ぐっすりと眠るにはこの副交感神経が必要になります。
寝る1時間ほど前にストレッチを行うと、より質の高い睡眠を取ることができます。

◎疲労回復効果がある
ストレッチを行うことで、筋肉の疲労を軽減する可能性が研究で明らかになっています。
ストレッチを行うと疲労した筋肉の血流が良くなり、疲労回復効果が出るのです。




大きく分けてこのような効果が見られます☆

そしてストレッチをより効果的に行うための
ポイントを5つ紹介します。

①時間をかけて行う
ゆっくりと時間をかけて行いましょう。
ひとつのポーズで最低20~30秒は伸ばし続けましょう。

②呼吸を意識する
ストレッチをするときは、ゆっくりとした呼吸を続けましょう。
息を吐くときに、筋肉がじんわり伸びることを感じましょう。

③伸ばし過ぎない
筋肉には、無理に伸ばされると逆に縮もうとする働きがあります。
痛みを感じたり、急に伸ばしすぎるようなストレッチは逆効果になるので、
ゆっくりと少しずつ伸ばしましょう。

④伸びている場所を意識する
どのストレッチにも、どこを伸ばすという目的があります。
本などでもどこを伸ばすかを書いていますね。
ストレッチする際は、伸びている場所を意識して行いましょう。
正しいフォームの確認にもなりますし、意識した方がより効果的です。

⑤最も効果的なタイミングで行う
筋肉が温まっているときの方が、伸びやすく安全です。
なので、お風呂上りに行うことはとても理にかなっています。
逆に朝起きた直後など、筋肉が固まっている場合は少しずつ動かしながら行ったり、
温かい飲み物を飲んだりと気を付けながら行ってください。



以上のことを、意識しながら
より効果的なストレッチをしていきましょう(^^)




横浜市金沢区並木2-13-1 ビアレ横浜本館2F




投稿者 湘南リラックス

アクセス

大きな地図で見る〒236-0005
神奈川県横浜市金沢区並木2-13-1 ビアレ横浜本館2F・3F
湘南リラックス鍼灸接骨院045-786-0500もみほぐし専門店045-784-5222営業時間10:00~20:00
(19:00まで受付)

お問い合わせ 詳しくはこちら