湘南リラックスブログ

2017年7月26日 水曜日


湘南リラックスの石原です。

学生の皆さんは、待ちに待った夏休みに
はいっている方が多いのではないでしょうか☆
遊びすぎて宿題ができてない~なんて事にならないよう
気を付けましょう!!!!




今日は、胃痛について
お話したいと思います!

先日私も胃痛に苦しみましたが、
なぜ胃痛がおこるのでしょうか?




季節による胃痛の原因の違いは、
夏は暑さにより身体全身が疲れ、それと共に胃も疲れてバランスを崩す。
冬は、寒さのせいで胃の働きが弱り、痛みを感じる。というものでしたが、
最近、夏の胃痛に別の原因が出てきました。
それは、『冷たい食材と冷えた環境』のせいです。


冬場、寒さのせいで胃がシクシク痛んでも、
温かいお茶やホットミルクなどを飲むと、胃がじんわり温まって、痛みが治まります。

それは、胃の冷えを解消したからです。
ところが、夏場は外気温が高いため、どうしても冷たいものばかり摂りがちです。

冷たいものが体内に入ってきて脳は快適さを感じますが、
内臓は大変なんです!!!!
身体が冷えすぎると、体温を36℃に戻さないといけません。

そのためには、いつも以上に活動して熱量を発生しなければなりません。
35℃の外を歩いて汗をビッショリかいてから、28℃の室内に入り、
急に汗が引き、そこにキンキンに冷えたビールが入ってくるので、
今度は体温を上げないといけない~!
こんな生活を続けていれば、胃が音を上げるのも、うなずけますね。




そこで、夏の胃痛を防ぐためのいちばんの対策は
『冷たいものを摂り過ぎない』ということになります。
これは、夏バテ予防にもなります。
胃の不調は食欲を落とし、食欲が無くなれば体力も無くなるという悪循環を招くからです。


「胃が弱ってきたなぁ~」と感じたら、温かいハーブティーがおススメです。
胃の血行をよくしてくれます。
また、メロン、パイナップル、桃なども胃に優しいフルーツです。
冷たい野菜スープや冷たいカレーなども、食欲を回復してくれます。

こうしてみると、ジュースやアイスでなくても、
冷やかさを感じる食材はたくさんありますので一工夫してみましょう。


最近、「文明の発達のおかげ」ではなく「文明の発達のせい」で、
今までは見られなかった身体の変調が現れるようになってきました。

その原因の根底にあるのは「冷え」です。
冷えすぎた部屋、冷たい食べ物の摂り過ぎが、
様々な体調不良の引き金になっています。
季節にそぐわない環境を作ってしまうことが
長い間、その季節に合うように工夫しながら生きてきた人の
身体を壊してしまうのです。

今年の夏は、ちょっと冷房の部屋から出て
冷たいものを摂り過ぎないようにして、胃をいたわってあげましょう★


横浜市金沢区並木2-13-1 ビアレ横浜本館2F










投稿者 湘南リラックス