湘南リラックスブログ

2018年8月27日 月曜日

ウォーキングのすゝめ。

こんにちは!湘南リラックスの山下です。
日中はまだまだ暑い日が続きますが、朝夕は涼しい日が少しずつ増えてきましたね。
暑さが厳しかったので、お家にいる時間が長くなり運動不足を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はウォーキングをオススメしたいと思います。

ウォーキングは有酸素運動のひとつで、酸素を使って筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させます。
脂肪を消費するため、体脂肪の減少や高血圧などに効果が期待できます。
有酸素運動を開始して20分後くらいまでは血中の脂肪を燃焼させ、20分以上経つと皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させると言われています。
正しい姿勢で行うとより効果を得られやすくなります。下にウォーキングの際の姿勢をお話しますので参考にしてみて下さい。

【ウォーキングをする時の姿勢】

①背筋を伸ばして歩く
背筋を伸ばすことで手足が動かしやすくなり歩行スピードがアップするだけでなく、肺に空気が取り込みやすくなり楽な呼吸で歩くことができます。
姿勢は立った状態で身体を横から見て肩と耳のラインが一直線になっていると良いですね。
背筋を伸ばすことを意識しすぎてしまうと、腰の痛みの原因にもなるので気をつけて下さい。

②股関節を動かして少し大股で歩く
足は、しっかりと股関節を動かすように意識しましょう。
膝から下だけの動きでは、下半身の筋肉が上手く使えず歩幅が小さくなり膝や踵の痛みの原因にもなってしまいます。
反対に股関節をしっかりと動かすことで、お尻の筋肉である大殿筋を始め下半身の大きな筋肉をしっかりと使うことができ、しっかり歩くことができます。

③しっかりと腕を振って歩く
歩く時に主に使うのは下半身ですが、腕をしっかりと振って歩くとより全身の運動にすることができます。
腕をしっかり振ると、より肩・肩甲骨が動くため血流が改善し肩こりなどのトラブルが軽減したり、身体の捻りを生み出して歩行の推進力が増します。
腕を振る際には特に肘をしっかりと後ろに引き、肩甲骨を動かすように意識しましょう。

ウォーキングをすることによって、血流の改善や基礎代謝の向上のほか、ストレスの解消、心肺機能の向上、脳の活性化など
沢山のメリットがあります。
とはいえ、いきなり毎日20分以上ウォーキングをするのは大変だと思う方もいらっしゃるかもしれません。
楽しく出来ないと効果も半減したり途中リタイアの原因になるので、ご自分のお身体と相談しながら週2~3回から始めて徐々に日数や時間を増やしていきましょう!

新メニューのもみほぐし5分追加 回数券(10回)
 10回 ¥5,400 → 10回 ¥2,700
ご好評頂いております!!この機会にぜひご利用ください♪


8月のキーワードは、「ひまわり」です。

もみほぐし専門店へご来店の際に
キーワードを仰っていただけましたら
全身もみほぐし60分コースをキャンペーン期間中は
10分延長の70分で提供させていただきます。
キャンペーンのご利用は期間中におひとり様各1回までと
させていただきます。
期間は本日より8月末までとなります。
是非この機会にどうぞご利用ください。


投稿者 湘南リラックス

アクセス

大きな地図で見る〒236-0005
神奈川県横浜市金沢区並木2-13-1 ビアレ横浜本館2F・3F
湘南リラックス鍼灸接骨院045-786-0500もみほぐし専門店045-784-5222営業時間10:00~20:00
(19:00まで受付)


お問い合わせ 詳しくはこちら