湘南リラックスブログ

2018年8月27日 月曜日

ウォーキングのすゝめ。

こんにちは!湘南リラックスの山下です。
日中はまだまだ暑い日が続きますが、朝夕は涼しい日が少しずつ増えてきましたね。
暑さが厳しかったので、お家にいる時間が長くなり運動不足を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はウォーキングをオススメしたいと思います。

ウォーキングは有酸素運動のひとつで、酸素を使って筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させます。
脂肪を消費するため、体脂肪の減少や高血圧などに効果が期待できます。
有酸素運動を開始して20分後くらいまでは血中の脂肪を燃焼させ、20分以上経つと皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させると言われています。
正しい姿勢で行うとより効果を得られやすくなります。下にウォーキングの際の姿勢をお話しますので参考にしてみて下さい。

【ウォーキングをする時の姿勢】

①背筋を伸ばして歩く
背筋を伸ばすことで手足が動かしやすくなり歩行スピードがアップするだけでなく、肺に空気が取り込みやすくなり楽な呼吸で歩くことができます。
姿勢は立った状態で身体を横から見て肩と耳のラインが一直線になっていると良いですね。
背筋を伸ばすことを意識しすぎてしまうと、腰の痛みの原因にもなるので気をつけて下さい。

②股関節を動かして少し大股で歩く
足は、しっかりと股関節を動かすように意識しましょう。
膝から下だけの動きでは、下半身の筋肉が上手く使えず歩幅が小さくなり膝や踵の痛みの原因にもなってしまいます。
反対に股関節をしっかりと動かすことで、お尻の筋肉である大殿筋を始め下半身の大きな筋肉をしっかりと使うことができ、しっかり歩くことができます。

③しっかりと腕を振って歩く
歩く時に主に使うのは下半身ですが、腕をしっかりと振って歩くとより全身の運動にすることができます。
腕をしっかり振ると、より肩・肩甲骨が動くため血流が改善し肩こりなどのトラブルが軽減したり、身体の捻りを生み出して歩行の推進力が増します。
腕を振る際には特に肘をしっかりと後ろに引き、肩甲骨を動かすように意識しましょう。

ウォーキングをすることによって、血流の改善や基礎代謝の向上のほか、ストレスの解消、心肺機能の向上、脳の活性化など
沢山のメリットがあります。
とはいえ、いきなり毎日20分以上ウォーキングをするのは大変だと思う方もいらっしゃるかもしれません。
楽しく出来ないと効果も半減したり途中リタイアの原因になるので、ご自分のお身体と相談しながら週2~3回から始めて徐々に日数や時間を増やしていきましょう!

新メニューのもみほぐし5分追加 回数券(10回)
 10回 ¥5,400 → 10回 ¥2,700
ご好評頂いております!!この機会にぜひご利用ください♪


8月のキーワードは、「ひまわり」です。

もみほぐし専門店へご来店の際に
キーワードを仰っていただけましたら
全身もみほぐし60分コースをキャンペーン期間中は
10分延長の70分で提供させていただきます。
キャンペーンのご利用は期間中におひとり様各1回までと
させていただきます。
期間は本日より8月末までとなります。
是非この機会にどうぞご利用ください。

投稿者 湘南リラックス | 記事URL

2018年8月 7日 火曜日

夏の養生法②

湘南リラックスの山下です。


今週は前回に続き、夏の養生法ついてお話したいと思います。

①身体の余分な水分はウリ科の食べ物で排出!
じめじめした暑さが続くと身体に余分な水分がたまりやすく、食欲不振などの胃腸の不調を招くことがあります。
そんな時はきゅうりやスイカ、ズッキーニなどのウリ科の食べ物がオススメです。
ウリ科の食物は身体の余分な水分を排出してくれる作用があるため、身体の水分代謝を高めてくれます。
ただ、水分代謝を高めてくれるのと同時に身体の熱を冷ます作用もあるので過食は避けて下さい。スイカなどは冷蔵庫から出してすぐ食べるのではなく、常温に少しおいてから食べる事をオススメします。(冷やしすぎるとスイカの味も分かりにくいですしね)

②冷たいものを食べ過ぎてしまった時は発酵食品
冷たいものの食べ過ぎや飲みすぎはいけないと分かっていても、暑い日が続くと
ついつい手が伸びてしまう事もありますよね。つい伸ばしてしまった結果、胃腸を冷やしてしまい胃腸の調子が悪くなり食欲がなくなる事も...。
そんな時には発酵食品(納豆、ヨーグルト、キムチ、チーズetc.)がオススメです。発酵食品は酵素の働きで消化と吸収を助けてくれます。食べる時には温かくして食べると、より良いですね。火を通した食べ物は身体に優しく、心もホッとしますよね。

③眠りやすい環境づくりの工夫
冷房が苦手だからと無理して汗だくで寝ていても、かえって睡眠が浅くなり早く目が覚めてしまうなど不眠につながりやすくなってしまいます。
冷房は設定温度を高くして、扇風機などを使いながら室内の空気を循環させると室内の温度を下げ過ぎることがありません。この時、身体が冷えてしまうため扇風機は身体に直接当てないようにしましょう。また、タイマーなどは使わず朝まで一定の温度にしておくと途中で起きてしまうことも少ないと思います。

立秋に入り、少しずつ涼しくなってくれることを願いますが今年は9月も暑い日が続くようです。
生活にちょっとした工夫を入れて体調を整えて、残りの夏を乗り切りましょう!

新メニューのもみほぐし5分追加 回数券(10回)
 10回 ¥5,400 → 10回 ¥2,700
ご好評頂いております!!この機会にぜひご利用ください♪


8月のキーワードは、「ひまわり」です。

もみほぐし専門店へご来店の際に
キーワードを仰っていただけましたら
全身もみほぐし60分コースをキャンペーン期間中は
10分延長の70分で提供させていただきます。
キャンペーンのご利用は期間中におひとり様各1回までと
させていただきます。
期間は本日より8月末までとなります。
是非この機会にどうぞご利用ください。

投稿者 湘南リラックス | 記事URL

2018年7月31日 火曜日

手足がつって痛い!!

こんにちは!
湘南リラックスの櫻田です!!

今回は、どんな人でも一度は経験したことのある手足のつりについてお話したいと思います。

身体の一部がつるとは筋肉の痙攣です。
年齢・男女関係なく誰もが起こる可能性があります。

では、なぜ身体の一部がつってしまうのでしょうか??

①食生活
偏った食生活で身体のミネラル不足が考えられます。
筋肉の細胞はカルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウム・水素のイオンバランスが崩れると起こりやすくなります。

②筋疲労
特にプールでの運動は温度差が激しいので、運動しすぎると筋疲労を起こし、つりやすくなります。

③長時間の同じ姿勢
デスクワークや車の運転など、長い時間同じ姿勢でいると血行が悪くなり、起こりやすくなります。

④睡眠中
睡眠中に無意識に手足を急に動かし、筋肉に負担をかけると起こりやすくなります。
また、睡眠中は汗をかき、体内の水分量が減少し、イオンバランスが崩れるので起こりやすいです。

⑤ストレス
ストレスにより体内のサイクルが崩れると起こりやすくなります。


原因がわかったところで、次はつってしまった時の対策はどうすれば良いか、防ぐにはどうしたら良いのか??

つってしまったら、まずつってしまった筋肉を伸ばしてあげてください。

防ぐ方法としては...
①睡眠前のコップ1杯のお水を飲む

②身体を冷やさないようにする

③ストレッチやマッサージで筋疲労回復&血行促進

④規則正しい食生活をする

がオススメです!




新メニューのもみほぐし5分追加 回数券(10回)
 10回 ¥5,400 → 10回 ¥2,700
ご好評頂いております!!この機会にぜひご利用ください♪


8月のキーワードは、「ひまわり」です。

もみほぐし専門店へご来店の際に
キーワードを仰っていただけましたら
全身もみほぐし60分コースをキャンペーン期間中は
10分延長の70分で提供させていただきます。
キャンペーンのご利用は期間中におひとり様各1回までと
させていただきます。
期間は本日より8月末までとなります。
是非この機会にどうぞご利用ください。



今後もこちらのブログでお得なキャンペーンを
行っていきますので
是非チェックしてみてくださいね!



横浜市金沢区並木2-13-1 ビアレ横浜本館2F

投稿者 湘南リラックス | 記事URL

2018年7月16日 月曜日

ツボ押しで熱中症対策!!

こんにちは!

湘南リラックスの櫻田です!!

今日は、熱中症対策にいいツボをご紹介したいと思います。
屋外に限らず、室内にいる場合に熱中症の症状が現れた場合、軽い倦怠感やめまいなどの症状であればツボを刺激することで、症状を緩和させることができると言われています!


① 人中(じんちゅう)
鼻の下、溝の上方にあるツボ

熱中症だけでなく、脳出血、ヒステリー、てんかんなどの治療に効果があります。



② 内関(ないかん)
手首のシワから指幅3本分の下、中指の延長線上のあたり

熱中症以外にも、リラックスや、集中力を高める効果があります。また、「乗り物酔い」にも効果的。
熱中症や熱病で汗が出ない場合などの熱性病症は、本穴の適応症となります。


③ 湧泉(ゆうせん)
足の裏、指を曲げた時に出来るくぼみの中
両手の親指の腹をあてて、強く押しもむのが効果的。

湧泉は万能のツボといわれています。血液の循環が良くなり内臓機能が高まり以下のような緩和・改善効果があります。胃痛、のどの痛み、食欲不振、腰痛、歯痛、血圧、集中力散漫、肌荒れ、冷え性、ストレス解消、シミ、ニキビ、毛髪の成長と発育、腎臓機能、利尿、老廃物を排出、むくみ、ホルモンバランス、体力・気力など。

是非、ツボ押ししてみて下さい!!



新メニューのもみほぐし5分追加 回数券(10回)
 10回 ¥5,400 → 10回 ¥2,700
ご好評頂いております!!この機会にぜひご利用ください♪


7月のキーワードは、「あさがお」です。

もみほぐし専門店へご来店の際に
キーワードを仰っていただけましたら
全身もみほぐし60分コースをキャンペーン期間中は
10分延長の70分で提供させていただきます。
キャンペーンのご利用は期間中におひとり様各1回までと
させていただきます。
期間は本日より7月末までとなります。
是非この機会にどうぞご利用ください。



今後もこちらのブログでお得なキャンペーンを
行っていきますので
是非チェックしてみてくださいね!



横浜市金沢区並木2-13-1 ビアレ横浜本館2F

投稿者 湘南リラックス | 記事URL

2018年7月 2日 月曜日

夏の養生法①

湘南リラックスの山下です。

関東も梅雨明けして本格的な夏が始りますね!
お天気のいい日が続きやすいこの季節は活動的になる方も多いのではないでしょうか。
でも、蒸し暑いと汗をかきやすくなるので体力を他の季節よりも消耗してしまいます。
そこで今回は夏の養生法について少しお話したいと思います。

①夏冷え防止には"涼茶(りゃんちゃ)"
暑い日はどうしても冷たい飲み物が飲みたくなりますよね。
でも、冷たい飲みものは沢山飲んでしまうと胃腸の働きを弱めて夏バテの原因に
なってしまいます。そこでオススメしたいのが"涼茶(りゃんちゃ)"
中国では常温でも身体の熱を上手に発散してくれる効果のあるお茶(涼茶)を飲むのだそうです。
ウーロン茶、玄米茶(※緑茶ベースのものは身体を冷やします)、ハイビスカスティー、プーアル茶、麦茶、緑茶などが涼茶だと言われています。
ただ、日本の場合は冷たいものを飲むことが習慣になっているため抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
どうしても冷たくして飲みたい時はせめて氷抜きにして飲むようにしてみて下さい。

②シャワーマッサージで血行の改善
身体の水分が失われる夏は、血液がどろっとしやすいため血行が悪くなりやすくなります。
また血行が悪くなると肌の新陳代謝も低下してしまうため、シミやくすみの原因にもなってしまいます。
そこでオススメするのはシャワーマッサージです。ぬるめのお湯につかってしっかりと身体を温めたあと、
お風呂からあがる時に冷水のシャワーを膝から下と顔に勢いよく当てます。お湯と冷水の温度差が刺激になるので血行の改善につながります。

今回のお話は養生法のごく一部なので次回も夏の養生法についてお話したいと思います。養生法を上手く生活に取り入れて夏を乗り切りましょう!


新メニューのもみほぐし5分追加 回数券(10回)
 10回 ¥5,400 → 10回 ¥2,700
ご好評頂いております!!この機会にぜひご利用ください♪


7月のキーワードは、「あさがお」です。

もみほぐし専門店へご来店の際に
キーワードを仰っていただけましたら
全身もみほぐし60分コースをキャンペーン期間中は
10分延長の70分で提供させていただきます。
キャンペーンのご利用は期間中におひとり様各1回までと
させていただきます。
期間は本日より7月末までとなります。
是非この機会にどうぞご利用ください。



今後もこちらのブログでお得なキャンペーンを
行っていきますので
是非チェックしてみてくださいね!



横浜市金沢区並木2-13-1 ビアレ横浜本館2F

投稿者 湘南リラックス | 記事URL